ひとりの時間に思うこと。

HSP目線で思うことや、日々の雑記です。

紙袋の魅力

こんにちは。

ベガです。

 

今年も残すところ、あと2日ですね〜

 

以前も記事に書いたのですが、毎年カレンダーは雑誌の付録を使っています。

そろそろカレンダー付きの雑誌が出揃ったかなと思い、買いに行きました。

 

カレンダーが目的なので、普段買わないような雑誌もチェック。

日焼けが怖くてマリンスポーツなんて絶対しないのに、去年はサーファー向け雑誌を購入しました。

今年もチェックしに行くと、男性誌女性誌にそれぞれカレンダー付きのサーファー向け雑誌があり、どちらも基本、海の写真ですがアートっぽくって素敵!

 

とりあえず候補にあげといて、他のコーナーを探索。

 

「珈琲時間」という雑誌も、年末号には毎年カレンダーが付いています。

茶店カレンダーと猫と喫茶店カレンダーの2冊付いていて、猫と喫茶店の方は少し小さめのカレンダーでちょっとしたスペースにも貼れるし、お客さんと猫の雰囲気の良い写真に癒されます。

 

その他、料理コーナーや園芸コーナーなどを見て周り、最終的に去年買った女性誌のサーファー向け雑誌に決定しました。

 

 

 「HONEY」という雑誌で、BEACHLIFE STYLE MAGAZINE  だそうです。

決してサーフィンをすることはないですが(頑固・・・)、読んでみると写真もおしゃれだし、自然との共生、ナチュラルライフの提案みたいな感じの内容でふむふむと楽しめました。

 

本題なのですが、その雑誌を買ったときにレジで袋いらないと言ったら、紙袋に入ってきました。

 

カバンにも入りそうになかったので手で持って帰ったのですが、紙袋を持っていたらなんとも懐かしい感覚になったのです。

そういえば、子供の頃は近所の本屋さんで買ったり文房具店や駄菓子屋さんで買ったりしたら、紙袋に入れてくれてたなー。

 

 f:id:kotoza:20201229141400j:plain

 

ファッション雑誌の1ページに、紙袋からはみ出したフランスパンが自転車のカゴに入ってるのを見て、なぜかおしゃれと感じたり(笑)してたなー。

 

コロッケや唐揚げも、紙袋に入っていると美味しそうに感じます。

 

紙袋のあのガサガサ、バリバリした感触も好きだし、ビニール袋にはない魅力を改めて感じたのでした。

 

ランキングに参加しています。クリックして頂くと励みになります↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村