ひとりの時間に思うこと。

HSP目線で思うことや、日々の雑記です。

クセになるお味

こんばんは。

ベガです。

 

今日はお天気が良くて、仕事が休みだったら洗濯し放題、布団干し放題だっただろうなぁ・・・と悔しい思いの一日でした。

 

皆さんは、銀杏好きですか?

 

私は、子供の時に茶碗蒸しに入っている銀杏を食べて気持ち悪くなって以来、何年も食べずに過ごしていました。

それが、去年に銀杏をいただいて久しぶりに食べてみようかなという気持ちになり、ネットで調べて封筒に入れてチンして食べる方法を知って、食べてみたところとても美味しくて驚きました。

 

子供の時に食べた印象とは全く違っていて、食感も面白いし味もほんのり感じるくらいの上品な味で、なんでもっと早くチャレンジしなかったのだろうと後悔したのでした。

 自分が思っている以上に、大人になるにつれて味覚は変化していくのかもしれないですね。そういえば、子供の頃大嫌いだったピーマンも、今となってはほぼ毎日食べるくらい好きになってます。

 

そして今年、そろそろ銀杏の季節だなぁと思っていたところで、こんな商品を見つけました。

 『揚げぎんなん』

これが、チンした時の味とはまた違った美味しさなのです!

カリッとしていて香ばしく、ほどよい塩味と最後に残る独特の苦味がなんともクセになる大人の味です。

職場の休憩時間に配ったのですが、みんな美味しいと絶賛していました。中には、銀杏を食べたことがなく食べず嫌いだという人がいたので、半ば強引にオススメして食べてもらったところ、美味しい!私、銀杏食べれたんだ!と感動していました(笑)。

 

小さな事ですが、昔食べられなかった食べ物を食べられるようになって、さらにそれを好きになったりすることって、楽しいものですね。

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります!↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

1/fゆらぎに癒される

こんばんは。

ベガです。

 

今日は寒くて、裏起毛のパーカーを着て出かけたのですが、お店に入ると暖房がついていたようで逆に暑くなり体温調節に苦しみました・・・。

 

昨日の晩にふと、アロマでも焚こうかなと思い立ちロウソクに火をつけました。寝る前だったので部屋を暗くして少しの間、ロウソクの明かりだけで過ごしていました。

普段アロマを焚く習慣はなく、HSPの気質から匂いに敏感なので部屋の匂いが気になる時などにたまに焚くくらいです。そして逆にアロマの匂いが気になって落ち着かなくなる時もあったりします(笑)。

 

本題はロウソクの方なのですが、あらためてロウソクの炎の癒し効果を実感したのです。あの炎のゆらぎを眺めていたら、スーと心が落ち着くのがわかりました。

 

ロウソクの炎と癒しの関係

ロウソクの炎のゆらぎには癒し効果があるとされています。それは1/fゆらぎと呼ばれていて、星の瞬き、波の音、小川のせせらぎなどにも共通しているそうです。

そう言われてみると、波の音や小川のせせらぎにも癒しを感じますよね。

 

そこで早速今晩から、寝る前にロウソクの炎を眺める時間を習慣化してみようかなと思い、キャンドルホルダーを買いに行きました。

 

       f:id:kotoza:20201018220724j:plain

 

こちら、ダイソーで見つけたキャンドルホルダーです。火をつけてみて想像以上に美しく感動しました。あと2つくらい欲しいかもと思っています。

 

人間はやっぱり、自然を求め自然に癒されるのですね・・・。

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります!↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

くり返しみる夢・・・

こんばんは。

ベガです。

 

今日は寒い上に天気も悪くて、やる気の起きない一日でした。私は基本休みの日に洗濯をしているので、土日が雨だとがっかりです・・・。

 

朝からどんより薄暗かったせいもあって、二度寝どころか三度寝してしまいました(笑)。

そんな時には必ずといっていいほど夢を見ます。

 

       f:id:kotoza:20201017201322j:plain

       


 皆さんは、夢の内容を覚えている方ですか?

 

私は覚えている方で、昔は夢日記をつけていた時期もありました。色々な夢を見るのですが、中には同じ内容の夢を何度も見ることがあります。

それは経験から、二度寝をした時によく見る気がします。そして決まって少し悲しい切ない系の夢なのです。

例えば、小学生の設定で、自分だけ衣替えの日を知らされてなくて夏服で来てしまう。自分だけ体操服を忘れてしまう。夏休み最終日に宿題が全くできていなくて焦る・・・などです(笑)。

 

なぜ小学生時代のことが多いのですかね(笑)。悲しいというか少し焦る系の夢ですね。そんなことよくあったよと思われる方もいるかと思いますが、私は性格上、実際にこんなことはありませんでした。

今は、別にどうってことないのでは?とも思えるのですが、小学生の私で考えるととんでもない失態と思ったと思います。そして、いまだにそうなる事を恐怖に感じているのですかね(笑)。

 

これとは全く違う感じの、くり返し見る夢もあります。それは、自分が住んでいる家に全然気が付かなくて使っていない部屋があった、という夢です。え、こんなところに部屋あったの?知らなかった〜ラッキー!と思うのです。

似ている夢で、自分が住んでるマンションの屋上に、今まで気づかなかったけどフードコートがある事に気がついて、やったー!と思う夢もあります(笑)。

 

夢の事を書くとキリがないのですが、夢って面白いですよね。何か意味がありそうで考えさせられます。

夢といえば、私は明晰夢に興味があります。自分で夢であると自覚しながらみる夢の事で何度か経験があります。訓練すると自分で夢をコントロールできるらしいのです。

少し調べた限りだと習得するのがしんどそうな感じだったのですが、これができたら楽しいだろうなぁと思ってしまいました。

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けたら励みになります!↓ 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

自炊をしよう

こんばんは。

ベガです。

 

私の住んでいる地域では、今日は少し暑かったです。

暑かったり寒かったり、衣替え出来ないからはっきりしてよ!と思うのが秋ですね。

 

今日は、食の話です。

 

今年の3月くらいからコロナで仕事量が減って出勤日数も減って、生活費を気にするようになってから自炊をはじめました。

それまでは、色々な食材を食べるのであればお惣菜を買った方が良いという考えのもと、自炊はほとんどしていませんでした。冷蔵庫も小さいし、コンロも一つだし、Gが出ると嫌だし・・・などなど、言い訳をしながらホントは楽していただけだと思います(笑)。

 

節約のためにしょうがなくはじめた自炊でしたが、やってみると良いことばかりでした!

 

自炊をはじめて良かったこと 

  1. 肌がキレイになる
  2. 加工食品を受け付けなくなる
  3. 夢中になれる
  4. 季節(旬)を感じる
  5. 節約になる

 

肌がキレイになる

 これはものすごく実感しました。それも自炊をはじめてわりと早くに実感できました。個人差はあると思いますが、具体的には、艶が出てきてシミも今のところ増えていません。ニキビもたまにはできますが頻度は下がっているように感じます。若返るとまではいきませんが、トラブルを防いでいるといった感じです。

 

加工食品を受け付けなくなる

 私は職場にお弁当を持って行くのですが、自炊をするまではお弁当用の冷凍食品を買って詰めるだけでした。朝詰めるのであれこれ考えたくないという思いから、気に入ったモノを何種類か買っておいてそれをローテーションで詰める、そんな素っ気ないお弁当が3年近く続いていました。お弁当用のモノは揚げ物が多いし好みのモノもあまり種類がないのですが、コストはかからないし、保存もできるし、自分が食べるだけだし・・・とそれがベストだと思っていました。

自炊をはじめてお弁当も作るようになってから、あんなに時短で楽だった冷凍食品を使いたいと思はなくなったし、食べたいとも思はなくなりました。揚げ物多めの茶色いお弁当はもう食べたくないなぁと。

 

夢中になれる

 料理をするときは音楽を聴きながらしているのですが、その時間は嫌なことを忘れているといった感じです。

工程を踏んで出来上がっていく様子が楽しくて、そのことだけを考えています。好きな歌を歌いながらするとさらにストレス解消になります。何かを作るという行為が前向きになれる気もします。

 

季節(旬)を感じる

 自炊するようになってから野菜コーナーをじっくり見るようになりました。今まで気にしていませんでしたが、野菜の値段の変動にはびっくりです。それと並んでいる野菜から季節を感じるようになりました。春キャベツもうなくなったなぁとか、きのこの種類が充実してきたなぁとか。そして旬のモノを食べる喜びと楽しさを実感できるようになりました。

 

節約になる

 当初の目的はこれでした。料理をはじめるにあたり色々揃えたり、スパイスや調味料に凝ったりして今までなかった出費があるので、節約になっているかといったら微妙なのですが、お惣菜を買わなくなったり、できるだけ家にある食材で料理することを心がけてスーパーへ買い物に行く頻度を下げることで、以前よりも食費は掛からなくなったかなとは思っています。

作りたいと思う料理があると、食材や調味料を揃えてしまう感じなので、節約レシピも意識した方が良いですよね(笑)。

 

こんな感じで、結論、自炊はかなりオススメです。これから料理にまつわるお話やオススメのモノも投稿していけたらと思います。

最後に、今日作ったサラダの写真です。楽しく美味しくできました!

 

f:id:kotoza:20201013190044j:plain

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります。↓ 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

やっと見つけた。

こんばんは。

ベガです。

 

今年は台風が少ないのかなと思っていたら、台風14号が近づいてますね。大きな被害が出ないと良いのですが・・・。

 

みなさんは、子供の頃に持っていて、いつの間にかどこかへいってしまったモノありますか?

私は大好きで大事にしていたコミックがあったのですが、ずっと実家に置いていたと思っていたのにある時から探しても見つからなくなっていました。

 

私が小学生の頃に買ったモノなので、もう30年近くはたっていたのですが、大好きだったので内容も鮮明に覚えていて、事あるごとに思い出しては読みたくて仕方がなくなって、ネットで探していたものの、もう絶版になっているようでなかなか見つからず探したり諦めたりを繰り返していました。

 そしてある日何気なく検索したら、とある古本屋さんのネットショップでついに見つかったのです!

 探していたのは、こちら・・・↓

 

f:id:kotoza:20201007200059j:plain


 

ふくやま けいこ著の『ライム』という短編集です。

 

7話くらいと、あとはイラスト集なのですが、どの話も印象的で忘れられませんでした。特に『映画館へ続く道』という話は、悩みや葛藤がテーマになっていて、可愛らしいイラストとは裏腹に少し深くて考えさせられる感じの話で、小学生の私はすんなり理解できていなかったのかも知れません。だから心の中にずっと引っかかっていて忘れられなかったのでしょう。

今あらためて読むとさすがに理解できるし、あの頃に気づけなかった主人公の心の動きも感じることができて、ノスタルジックな感情と新たな発見とで2倍楽しめました♪

 

ふくやま けいこの作品は、この他に『サイゴーさんの幸せ』という作品も好きなのですが、こちらの話はレトロな人間ドラマな感じでそれでいて少しSFっぽい不思議な雰囲気の作品です。可愛らしいイラストとのギャップがさらに不思議な魅力を与えています。

 

私はどうやら、シンプルではない考えさせられるストーリーが好きなようです。それも深く考え込むのが好きなHSP気質のせいかも知れませんね。

 

昔読んでいたモノを読み返す行為も好きです。また何か探してみようかな〜。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして頂くと励みになります!↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

牛乳石鹸は実家の香り

こんにちは。

ベガです。

 

中秋の名月』キレイでしたねぇ〜。眩しいくらいに輝いていました。

 

今日は、石鹸のお話です。

私はここ数年、体を洗うのも洗顔も同じ石鹸で統一しています。シンプルな美容法を意識し始めてから、顔と体を特に分ける必要もないなと思ったし、使用して肌荒れなどの問題もないのでそうしています。

 

使用している石鹸は色々試している最中なのですが、今は牛乳石鹸(赤箱)を使っています。

 

そして感じたのは、箱から出した瞬間に香る独特の香り・・・あ!実家の香りだ!

 

実家で暮らしていた頃は、祖母も一緒に住んでいたのですが、ボディーソープが苦手で石鹸を使用していました。あの頃はあまり気にしていなかったけど祖母が買ってきていたのが牛乳石鹸だったようです。

 

毎晩使うたびに懐かしい香りに包まれて、亡くなった祖母との思い出もよみがえってきたりします。

特に今年はコロナの影響でお盆にも帰省できず、より一層懐かしく少し切ない心境です・・・

 

知らなかったのですが牛乳石鹸って赤箱青箱の2種類あるんですね。

 

赤箱

ゆたかでクリーミーな泡立ち。スクワラン(うるおい成分)配合で、しっとりした洗い上がり。ローズ調の香り。

青箱

ゆたかでソフトな泡立ち。さっぱりとした洗い上がり。ジャスミン調の香り。

 

牛乳石鹸は、1928年(昭和3年)に大阪で生まれたそうです。初めは赤箱しかなくて、日本全国の人に使ってもらうためにさっぱりとした洗い上がりが特長の青箱を開発すると、関東に住む人たちの間でたちまち人気になり、今でも関西では赤箱、関東では青箱が多く販売されているそうです。

昔から長く愛されている商品なんですね。

 

私は牛乳石鹸を使い始めてあらためて、ボディーソープにはないスッキリとした洗い上がりを実感して、寝つきまで良くなった感じがしています(笑)。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして頂けると励みになります!↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

オイル美容

こんばんは。

ベガです。

 

朝晩は肌寒くなってきて、季節はもうすっかり秋ですね。

夏とは違うカラッとした空気感が清々しく、心地良くて過ごしやすい季節だなぁ・・・と思うのと同時に、女子として気になってくるのがお肌の乾燥です。

 

今回は、私が実践している乾燥対策をご紹介しようと思います。

 

私は昔から肌荒れしやすく、2年くらい前からは特に乾燥が気になるようになっていました。いろいろ調べていく中で、高い基礎化粧品に頼るよりもシンプルで肌に負担のかからない美容法に切り替えることが良いと知りました。

 

そんな中たどり着いたのが、オイル美容でした。オイル美容で用いるオイルには、様々なものがあります。

アルガンオイル・ホホバオイル・アーモンドオイル・ココナッツオイル・・・

この辺りは聞いたことがあるかと思いますが、調べていくとオイルの種類はもっと色々ありました。

 

そして、私が選んだのがキャスターオイル(ヒマシ油)です。

 

キャスターオイルは、蜂蜜のような粘りが特徴のオイルで保湿力が高く乾燥肌に潤いを与えてくれます。

 

私は洗顔後に化粧水で肌を整えた後、1〜2滴を手に取り顔全体を包み込むように伸ばしています。基本は薄く伸ばすのですが、ニキビにはピンポイントでつけると治りが早いように感じました。

オイルを使うまでは、美容液やクリームも使用していましたが何種類もつけることが面倒だったし、あまり費用もかけたくありません。

 化粧水後オイルだけのシンプルな工程も気に入っているし、美容液を使っていた時よりも肌の調子が良いです。

値段も安く、1〜2滴でしっかり保湿できるのでコスパも◎。顔以外にも、爪、肘、髪の毛などの乾燥対策にも使用できます。

 

私の周りの人におすすめしてみましたが、良かったという人もいればやっぱりオイルは苦手という人もいて様々でした。

少量からの販売もあるので、興味のある方は一度使用されてみてはいかがでしょうか。

 

今後も、おすすめの美容法などについてもご紹介できたらと思っています!

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村